便利屋とは?依頼できる仕事と何でも屋との違い!料金相場と安くするコツも解説!

「便利屋とは?」「便利屋に依頼できる具体的なサービス内容は?」などと悩んでいませんか?

便利屋とは、日常生活の様々な困りごとを解決するサービスを提供する専門家です。掃除や買い物代行、引越し作業など、多岐にわたる業務を一手に引き受けます。

本記事では便利屋の定義やサービス内容、依頼のメリットとデメリットについて解説します。

この記事でわかることは…

・便利屋について
・依頼できること
・料金相場
・費用を抑える方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

便利屋とは

便利屋とは、日常生活の中で発生する様々な困りごとや雑務を代行するサービスを提供する専門家です。便利屋は、「よろず屋」や「何でも屋」とも呼ばれ、多岐にわたる業務を請け負います。

高齢化社会に伴い、高齢者の日常生活のサポートを必要とするケースが増加していることから、便利屋の需要はますます高まっています。便利屋は、資格が必要な業務を除き、基本的に誰でも開業できる点も魅力です。

便利屋と何でも屋の違い

便利屋と何でも屋は、同じ意味で使われますが、実際には異なる側面があります。便利屋は日常生活の中で発生する困りごと全般を解決する点に特化し、比較的広範なサービスを提供します。

一方、何でも屋はさらに幅広い依頼に応じる事例が多いです。たとえば、一時的な人手不足を補うための労働力提供や、特殊な技能を必要としない軽作業なども含まれます。

何でも屋は、急な依頼や突発的な対応も可能です。便利屋は、特定の専門分野に特化していることが多いため、専門的な知識や技術を提供できる場合があります。

便利屋はグレーな仕事ではない

便利屋の仕事は、法律に則って行われるものであり、決してグレーな仕事ではありません。便利屋として提供されるサービスの中には、特定の資格や許可が必要な業務もありますが、法的に認められた範囲内で行われます。

古物商許可を取得して中古品の取り扱いを行ったり、一般廃棄物収集運搬業の資格を持ってゴミの処理を行うなど、適切な手続きを経て業務を行います。便利屋は契約書を交わして依頼内容を明確にし、顧客との信頼関係を築くことを重視している業者です。

依頼者が安心して利用できるように、便利屋は法的な遵守と倫理的な対応を徹底していますよ。

便利屋に依頼できる仕事内容一覧

便利屋に依頼できる仕事内容は非常に幅広く、多岐にわたります。代表的なサービスをまとめると、以下の通りです。

  • 家庭内の掃除
  • 家具の移動
  • 買い物代行
  • 引越し作業
  • 不用品の処分
  • 草むしり
  • パソコンの設定や修理
  • 子守り・ペットの散歩
  • 介護のサポート
  • 遺品整理

特定の資格を持っている便利屋では、電気工事や水道工事、害虫駆除などの専門的な作業も依頼できます。依頼者の要望に柔軟に対応するため、急な要求にも応えられます。

便利屋に依頼するメリット

便利屋に依頼するメリットは多岐にわたります。主なメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 多岐にわたる作業を一気に任せられる
  • ゴミの分別をしなくて良い
  • 細かな雑務もお願いできる

詳しく解説します。

多岐にわたる作業を一気に任せられる

便利屋の大きなメリットの一つは、多岐にわたる作業を一気に任せられる点です。

たとえば、引越しの際には荷物の梱包や運搬、不用品の処分といった複数の作業が発生します。便利屋に依頼すれば、作業を全て一括して行ってもらうことが可能です。

大掃除の際にも家全体の掃除や家具の移動、ゴミの処理といった複数の作業を一度に依頼できるため、手間がかかりません。便利屋に依頼すれば、時間と労力を大幅に節約できます。

ゴミの分別をしなくて良い

便利屋に依頼すれば、ゴミの分別をしなくて良い点もメリットの1つです。家庭ゴミの分別は地域ごとに異なり、複雑なルールが設けられている場合が多いため、正確に行うのは手間がかかります。

しかし、便利屋に依頼すればプロフェッショナルとしての知識と経験を活かして、適切にゴミの分別と処理を行ってくれます。引越しや大掃除の際には大量のゴミが発生しますが、一度に処理してもらえるため非常に便利です。

粗大ゴミやリサイクル品、不燃ゴミなど、種類ごとに分けて処分する必要がある場合もすべて対応してくれます。

自分でゴミの分別や処理を行う手間がないため、ストレスもかかりません。

細かな雑務もお願いできる

便利屋に依頼すれば、日常生活の中で発生する細かな雑務もお願いできます。たとえば、家具の組み立てや修理、カーテンの取り付けなど、ちょっとした作業も便利屋に頼むことが可能です。

また、忙しい時には買い物代行やペットの世話、子どもの送り迎えなども依頼できます。便利屋は、依頼者のニーズに応じて柔軟に対応してくれるため、どんな小さな依頼でも引き受けてもらえる点が特徴です。

細かな雑務を便利屋に任せれば、日々の生活がより快適で効率的になります。

便利屋に依頼するデメリット

便利屋に依頼することには多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。デメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 費用がかかる
  • 作業料金が専門業者に比べて高い
  • 悪質な業者も存在する

詳しく解説します。

費用がかかる

便利屋に依頼する際には、費用が発生します。基本的な料金体系としては、1時間あたりの作業料金や作業内容に応じた料金が設定されています。

依頼内容によっては、特別な道具や材料が必要になるため、追加料金が発生する場合も多いです。たとえば、庭の手入れや塗装作業などは専門的な機材や高価な材料を使用するため、料金が高くなる傾向にあります。

他にも、依頼内容が複数にわたる場合や長時間に及ぶ場合は、総額が増えるため注意が必要です。

作業料金が専門業者に比べて高い

便利屋の作業料金は、専門業者に比べて高くなる場合があります。便利屋が広範なサービスを提供するために、様々なスキルや設備を持っているからです。

たとえば、電気工事や水道修理などの専門的な作業は専門業者が専用知識を持っているため、効率よく作業を行うことが可能です。一方、便利屋は多様な依頼に対応するための幅広い知識を持っていますが、専門性においては劣ります。

特定の作業に関しては、専門業者に依頼した方がコストパフォーマンスが良い場合もあります。

悪質な業者も存在する

便利屋業界には、残念ながら悪質な業者も存在します。悪徳業者は、依頼者の無知や急ぎの事情を悪用して、高額な料金を請求したり質の低いサービスを提供します。

たとえば、初めに低価格を提示して依頼を受け、後になって追加料金を請求する手口が多いです。無資格や無許可で違法な作業を行う業者も存在し、依頼者に損害を与えてしまう事例もあります。

そのため、業者の評判や口コミを確認し、実績のある業者に依頼することが大切です。

事前に複数の業者から見積もりを取って比較検討すれば、悪質な業者に引っかかるリスクを減らせますよ。

便利屋が持っている資格

便利屋として業務を行う上で、特定の資格を持っていることが重要です。資格があるかによって、専門的な作業や法的に制約のある作業を安心して依頼できます。

以下では、便利屋が持つ代表的な資格をまとめました。

  • 普通自動車第二種運転免許
  • 中型自動車以上の運転免許
  • 一般廃棄物収集運搬業
  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 古物商許可
  • 電気工事士
  • 貨物運送届出
  • 給水装置工事主任技術者・排水設備工事責任技術者

詳しく解説します。

普通自動車第二種運転免許

普通自動車第二種運転免許は、運転業務を行うために必要な資格です。資格を持つことで、便利屋はお客様を車で送迎できます。

たとえば、高齢者や身体の不自由な方の通院や買い物のサポートをする際に便利です。商用目的での運転が認められているため、信頼性と安全性が保証されます。

中型自動車以上の運転免許

中型自動車以上の運転免許はより大きな車両の運転が可能になるため、引越し作業や大量の物品運搬を行う便利屋には必須です。免許があれば、トラックを使用して家具や大型家電などの運搬や重い荷物の運搬を安全かつ効率的に行えます。

幅広いサービスを展開する便利屋にとっては、必須の資格です。

一般廃棄物収集運搬業

一般廃棄物収集運搬業の資格は、家庭から出るゴミや不用品を収集し、適切に処分するために必要です。便利屋が資格を持っていれば、引越しや大掃除の際に出る大量のゴミを処理できます。

資格により、廃棄物の適切な処理が保証され、環境への負荷を軽減できます。

産業廃棄物収集運搬業

産業廃棄物収集運搬業の資格は、工場や事業所から出る産業廃棄物を収集し、運搬するために必要です。資格を持っていれば、企業からの依頼にも対応でき、業務の幅がさらに広がります。

たとえば、オフィスの引越しやリノベーション作業で発生する廃棄物の処理を行うことが可能です。事業系廃棄物の適切な処理とリサイクルを推進でき、企業の環境負荷を軽減する役割も担います。

古物商許可

古物商許可は、中古品やリサイクル品の取り扱いを行うために必要な資格です。資格があれば、便利屋は中古家具や家電の売買や、不用品の回収と再販を合法的に行えます。

依頼者に対して信頼性も高まり、取扱品目も広がるため、より多様なサービス提供が可能です。

電気工事士

電気工事士の資格は、家庭内の電気配線工事や修理を行うために必要です。資格を持つ便利屋はコンセントの増設や電気機器の取り付け、配線の修理など専門的な作業を安全に行えます。

資格があれば、依頼者は安心して電気関連の作業を任せられ、サービスの信頼性が向上します。

貨物運送届出

貨物運送届出は、有償で荷物を運搬する業務を行うために必要な手続きです。届出を行えば、便利屋は引越しや大型荷物の運搬など、運送に関わるサービスを正式に提供できます。

依頼者に対する信頼性も高まるため、便利屋にとっては必須の資格ですね。

給水装置工事主任技術者・排水設備工事責任技術者

給水装置工事主任技術者と排水設備工事責任技術者の資格は、水道設備の設置や修理を行うために必要です。資格を持つ便利屋は、キッチンやバスルームの給排水設備の工事、修理を専門的に行えます。

水回りのトラブルに迅速かつ適切に処理できるため、急ぎの対応を求める依頼者にとって非常に頼りになる存在になります。

その他

幅広いサービスを展開する便利屋は、多様な資格を持っています。たとえば、害虫駆除に必要な防除作業監督者や、警備業務に必要な警備員指導教育責任者などです。

防除作業監督者は住宅や事業所の害虫駆除を、安全かつ効果的に行うための知識と技術を持っています。多様な資格をもっていれば、依頼者の多様なニーズに応えられるため、安心して依頼できます。

便利屋ができないこと

便利屋は多岐にわたるサービスを提供しますが、全ての依頼に対応できるわけではありません。以下に該当する依頼は対応できないため、利用する際には注意が必要です。

  • 法律に違反する案件
  • グレー案件
  • 無資格・無免許の案件

詳しく解説します。

法律に違反する案件

法律に違反する案件とは、犯罪行為や法的に禁止されている行為を依頼することです。たとえば、盗聴器の設置や他人の住居への不法侵入、個人情報の不正取得などが該当します。

他にも、許可なく他人の財産を処分する行為や、違法薬物の取引なども含まれます。法律に違反する案件を便利屋が受けることは、絶対にありません。

グレー案件

グレー案件とは、法律違反とは言えないまでも、法的に曖昧な部分や倫理的に問題があるとされる依頼です。たとえば、他人のプライバシーに関わる調査や、不正行為を助長するような依頼が該当します。

便利屋としては、グレーゾーンの案件に対しても慎重に対応する必要があります。依頼内容を詳細に確認し、法的なリスクや倫理的な問題をしっかりと考慮した上で、対応可否を判断するのが一般的です。

グレー案件のリスクや影響について説明し、必要に応じて依頼を断るのが正式な便利屋です。

無資格・無免許の案件

無資格・無免許の案件とは、特定の資格や免許を持っていないと対応できない作業です。たとえば、電気工事士の資格がない場合、電気配線の工事や修理は行えません。

産業廃棄物収集運搬業の許可がないと、事業所から出る廃棄物の処理はできないため注意が必要です。便利屋が無資格・無免許で作業を行うと、法的な問題が発生するだけでなく、依頼者にもリスクを負わせる結果になります。

そのため、依頼者は便利屋に依頼する際に、必要な資格や免許を持っているか確認することが重要です。

便利屋の料金表

便利屋の料金は、依頼内容や作業時間によって異なります。一般的な料金体系としては、1時間あたりの作業料金が設定されており、基本料金と追加料金が組み合わさることが多いです。

作業例別で料金をまとめると以下の通りです。

作業内容料金(目安)
単純作業(荷物の移動、清掃など)2,000円~6,000円
組立・解体作業4,000円~8,000円
庭木の手入れ4,000円~10,000円
電球・蛍光灯の交換2,000円~5,000円
水回り作業(トイレ、キッチン、風呂場など)5,000円~15,000円
塗装作業6,000円~20,000円(1日分)
引っ越し作業20,000円~50,000円(2人で4時間)
買い物代行3,000円~5,000円(1時間)
病院・役所など外出介助3,000円~6,000円(1時間)

専門的な作業や特殊な道具を使用する場合には、追加料金が発生する場合があります。トラブルをなくすためにも、見積もりを依頼する際には具体的な料金体系や追加費用について詳しく確認することが大切です。

複数の業者から見積もりを取って比較すれば、適正な料金でサービスを利用できますよ。

便利屋の費用を安くする方法

便利屋のサービスを利用する際、費用を抑えるための工夫があります。以下では、便利屋の費用を安くする具体的な方法をまとめました。

  • 3社以上の相見積もりを取る
  • 近場の便利屋に依頼する
  • 依頼する仕事の専門性が高い業者に依頼する
  • 自分でできることは済ませておく

それぞれ詳しく解説します。

3社以上の相見積もりを取る

便利屋の費用を安くするための基本的な方法は、複数の業者から見積もりを取ることです。少なくとも3社以上の業者に見積もりを依頼し、料金やサービス内容を比較することで、最もコストパフォーマンスの良い業者を選べます。

相見積もりを取る際には、具体的な作業内容や希望するサービスを明確に伝え、各業者からの見積もりを詳細に確認しましょう。また、見積もりには作業時間や追加料金が含まれているかを確認し、総合的に比較することが重要です。

見積もりを依頼する際には、業者の評判や口コミも参考にすると良いでしょう。

近場の便利屋に依頼する

便利屋の費用を抑えるもう1つの方法は、近場の業者に依頼することです。移動距離が短ければ、交通費や移動時間にかかる費用を節約できます。

大きな家具の運搬や大量の荷物を扱う場合、近場の便利屋を選ぶことで、全体のコストを大幅に抑えられます。便利屋を選ぶ際には自宅やオフィスの近くにある業者をリストアップし、見積もりを依頼してみましょう。

地元の業者は地域に密着しているため、迅速な対応や柔軟なサービス提供が期待できる点もメリットです。

依頼する仕事の専門性が高い業者に依頼する

依頼する仕事の専門性が高い業者に依頼することも、費用を安くする方法の1つです。専門性が高い業者は、効率的に作業を行うことができるため、時間や労力を節約できます。

電気工事や水道修理などの専門的な作業は、専門業者に依頼する方が結果的にコストパフォーマンスが良くなります。専門業者は必要な道具や技術を持っているため、迅速かつ確実に作業を終わらせてくれる点が魅力です。

依頼する際には専門業者の資格や経験を確認し、信頼できる業者を選ぶことが重要ですよ。

自分でできることは済ませておく

便利屋に依頼する前に、自分でできることは事前に済ませておくことも、費用を抑えるポイントです。たとえば、家具の移動や簡単な掃除などの自分で対応できる作業を先に行えば、便利屋に依頼する作業量を減らせます。

事前に整理や片付けを行っておくことで、便利屋の作業がスムーズに進むため、作業時間の短縮にもつながります。依頼内容を絞り込めば、全体の費用を抑えることが可能です。

便利屋ならお助けマスターにお任せください!

便利屋とは、日常生活の様々な困りごとを解決するサービスを提供する専門家です。掃除や買い物代行、引越し作業など、多岐にわたる業務を一手に引き受けます。

信頼できる便利屋を選ぶ際には、法令順守しておりグレー案件は受けていない業者がおすすめです。丁寧な業者にはリピーターも集まっているため、口コミもしっかりとチェックしましょう。

もし信頼できる便利屋を探している場合は、全国チェーン店の便利屋お助けマスターにご相談ください。年中無休・全国対応でベテランスタッフがあなたの「困った!」に応えます。

お気軽にお問い合わせください。

sakai さん

監修記事はこちら:

便利屋

その他記事