便利屋の意味は?他の呼び方はある?便利のサービス一覧とできない事も紹介

「便利屋」、または「よろず屋」とも呼ばれる仕事は、日常生活で発生するさまざまな困りごとを解決するために、様々な業務を代行するサービスです。

掃除や洗濯・買い物・ゴミ出しといった家事全般から、引越し作業や高齢者のサポートまで、幅広いサポートを提供します。

この記事でわかること

・便利屋とはどういう意味か
便利屋は日常の困ったことに幅広く対応する何でも屋のことです。
・便利屋のサービス
便利屋は「不用品回収」「草むしり」「行列に並ぶ代行」などさまざまなサービスを展開しています。
・便利屋でもできないこと
便利屋は「資格や許可が必要な依頼」「倫理やモラルに反する依頼」「法に触れるグレーな案件」は請け負えません。

今回は、便利屋の仕事内容や歴史など、事前に知っておきたい情報を詳しく解説します。

便利屋とはどういう意味か

便利屋とはどういう意味か

便利屋とは、幅広い依頼を受け付ける何でも屋のことです。便利屋が対応する業務は多岐に渡り、主に以下のものがあります。

  • 不用品回収
  • 草むしり
  • 除草
  • ハウスクリーニング
  • 水回りの掃除・修理
  • 引越しの手伝い
  • 害虫・害獣の駆除

もちろん上記のような依頼以外にも、法やモラルに反しない内容であればなんでも対応します。

例えば、以下のような変わった依頼も可能です。

  • 行列に並んで欲しい
  • ペットの散歩をして欲しい
  • 買い物代行
  • 遺品整理

便利屋は小さな悩みから大きな困りごとまで解決する、地域の頼れる業者といえます。

便利屋の仕事を依頼する理由は人それぞれですが、仕事などで忙しい、自分ではどうにもならないなどの理由が多いです。

便利屋の歴史を紐解くと、江戸時代までさかのぼることができます。当時の便利屋は一つの職業として確立されていなかったものの、例えば酒屋の御用聞きの方がお得意様の困りごとを解決していました。

現代の便利屋とは異なり、あくまでも営業活動の一環としての便利サービスだったといえます。

また当時はとび職が近所の力仕事やちょっとした修理を請け負うことも多かったようです。このように、専業の便利屋ではなく、付帯サービスの一つとしての位置づけでした。

現代の便利屋は、インターネットを通うして探せるため、とても身近な存在です。ただ便利屋によって対応できるサービスが異なるため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

便利屋の別の言い方とは

便利屋には「何でも屋」や「代行業者」といった別の呼び方があります。それぞれの呼び方には、その役割や業務内容が反映されてるため、詳しく見ていきましょう。

何でも屋の名称は、依頼内容に特定の制限がなく、どんな仕事でも引き受けるのが由来です。困りごとや雑務を解決するため、依頼者がどんな要望でも頼むことができる、まさに「何でも」対応する業者という意味が込められています。

また代行業者という呼び方は、依頼者に代わって特定の作業や業務を行うという点に焦点を当てています。例えば、掃除や買い物、ペットの世話など、依頼者が自分で行うことが難しい作業を代わりに行うという意味です。

「代行」という言葉は、誰かの代わりに仕事をする意味で使われるため、便利屋の仕事の本質をよく表しています。

呼び方はいずれも便利屋の役割を反映しています。

便利屋は単に作業を引き受けるだけでなく、依頼者の生活を支援し、困りごとを解決するための頼れる存在として、地域社会に深く根付きました。

便利屋は英語の呼び方は

便利屋を英語で表現する場合、一般的には以下のものがあります。

  • Handyman
  • Jack-of-all-trades

まずHandymanという言葉は19世紀末から使われ始めました。文字通り「手先が器用な人」を意味し、家庭やオフィスでの修理やメンテナンスを行う人を指します。

 アメリカでは、家庭の修理やメンテナンスの需要が高まった20世紀初頭、Handymanという職業が広まりました。

第二次世界大戦後、郊外住宅の増加に伴い、Handymanはますます重要な存在となり、各家庭に1人は頼れるHandymanがいるのが理想とされたのです。

次のJack-of-all-tradesという表現は16世紀にまで遡ります。「Jack」は当時の一般的な男性の名前で、広く男性一般を指す言葉として使われました。

「Jack-of-all-trades」は、多くの技術や知識を持つ人を指しますが、完全に専門的ではないというニュアンスも含まれます。

この呼び方は、多才な人を称賛する一方で、どの分野でも突出していないという意味も含んでいます。

例えば、シェイクスピアはこの言葉を使って多才な人を称賛する一方で、「Jack of all trades, master of none」というフレーズも使われるようになり、どの技術も中途半端であることを暗に示すこともありました。

その他の英語表現は以下の通りです。

  • Odd Job Man/Woman:…小さな仕事や雑用を引き受ける人を指します。この表現も便利屋の業務内容に近いです。
  • Freelancer… 現代ではフリーランサーという言葉も広く使われています。特定の会社に所属せず、依頼ごとに仕事を受ける人を指します。便利屋とは少し異なりますが、依頼者のニーズに応じて柔軟に対応する点で共通しています。

何でも屋はやばいことをするという意味ではない

何でも屋はやばいことをするという意味ではない

「何でも屋」は、依頼者の多様なニーズに応えるために、さまざまな仕事を引き受ける業者を指します。日常の困りごとや雑務、専門的なスキルを必要としない作業を代行することが主な役割です。

具体的な業務内容は主に以下の通りです。

  • 不用品回収
  • 草むしり・除草
  • ハウスクリーニング
  • 水回りの掃除・修理
  • 引越しの手伝い
  • 害虫・害獣の駆除
  • ペットの散歩や世話
  • 行列に並ぶ代行

何でも屋は、法やモラルに反する依頼を受けることはありません。例えば、夜逃げの手伝いや違法な行為、他人の権利を侵害するような依頼は受け付けないことが一般的です。信頼できる何でも屋は、依頼内容が適法かどうかを確認し、倫理的に問題がないかどうかを慎重に判断します。

「何でも屋」という言葉が誤解を招く場合がありますが、信頼性のある業者は常に法令を遵守し、倫理的なサービスを提供しています。したがって、何でも屋が「ヤバいこと」をするというのは誤解に過ぎません。

便利屋の仕事内容(サービス一覧)

便利屋の仕事内容(サービス一覧)

便利屋といっても「何を依頼すればいいの?」と迷うこともあるでしょう。ここでは便利屋に依頼できる作業内容について紹介します。以下の作業について「自身で行うのが難しい!」と感じたら、便利屋への依頼を検討してみましょう。

不用品回収

便利屋は、家庭やオフィスで不要になった物品の回収を行います。古い家具や電化製品、使わなくなった雑貨などを適切に処分し、部屋のスペース確保にも役立つでしょう。リサイクル可能なものは買取も行っています。

遺品整理

遺品整理は、故人の遺品を整理・処分する作業です。便利屋は遺族の負担を軽減しながら、慎重に遺品を仕分け、必要に応じてリサイクルや処分を行います。経験豊富なプロが遺族の意向に寄り添いながら、丁寧な作業を行うのが特徴です。

ゴミ屋敷片付け

ゴミ屋敷の片付けも便利屋の重要な業務の一つです。大量のゴミや不用品を迅速かつ効率的に整理・処分し、清潔な住環境を取り戻します。必要に応じて、特殊掃除や消毒・リフォームも行います。

庭木の伐採

成長しすぎた庭木や不要になった木の伐採も便利屋が対応します。安全に木を伐採し、庭をすっきりとした状態に整えます。伐採後の処理もまとめて依頼可能です。

庭木の剪定

庭木の健康を保ち、美しい景観を維持するためにも、定期的な剪定が必要です。便利屋はプロの技術で庭木を剪定し、風通しや日当たりを良くします。庭の手入れに必要な知識と経験を持ってるため、安心して依頼できるでしょう。

家具移動

家具の配置替えや引越し時の家具移動を手伝います。大きな家具や重い物も安全に運び、希望の場所に配置します。家具の分解や組み立ても対応可能です。

草刈り

庭や敷地内の草刈りも便利屋が行います。雑草が生い茂ると景観が悪くなるだけでなく、害虫の発生源にもなる恐れがあるでしょう。定期的な草刈りで、きれいな庭を維持します。

DIY・日曜大工

DIYや日曜大工のサポートも行います。棚の設置やペンキ塗り、小さな修繕など、家庭内の作業を手助けします。必要な道具や材料の手配も相談可能です。

代行・付き添い

行列に並ぶ、買い物に付き添う、病院の付き添いなど、依頼者の代わりにさまざまな作業を代行する仕事です。忙しい方や体調が優れない方のために、柔軟なサービスでサポートします。

害虫駆除

便利屋は害虫駆除のプロです。ゴキブリやハチ、ネズミなどの害虫を迅速に駆除し、再発防止のための対策まで行います。

引越し

引越しの際の荷物の運搬や梱包を手伝います。重い家具や電化製品の運搬、引越し先での荷解きもサポートします。スムーズな引越しをするための心強い味方にもなるでしょう。

ハウスクリーニング

家全体の掃除や特定の場所のクリーニングも相談可能です。キッチン、バスルーム、トイレなど、普段の掃除では手が届かない場所を徹底的にきれいにします。

電球交換

高所の電球交換や、特殊な電球の交換も行います。安全に作業を行い、ぴったりの電球を設置してくれます。脚立などの道具が必要な作業も対応可能です。

家具の組み立て

新しく購入した家具の組み立ても便利屋がサポートします。組み立てだけでなく、梱包材やパケージの回収・処分まで依頼できるため、ゴミ捨てまでまとめてまかせたい人におすすめです。

便利屋ができないこと

便利屋ができないこと

便利屋と聞くと、何でも請け負ってくれるイメージが強いかもしれません。しかし実際は、できない作業もあるため、注意しましょう。特にできないものは以下の通りです。

  • グレーな案件
  • 法令・道徳的に背く仕事
  • 資格・免許を必要とする仕事

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

グレーな案件

便利屋は、法やモラルに触れる可能性があるグレーな案件を引き受けることはできません。

例えば、他人のプライバシーを侵害するような行為や、法律の解釈によっては違法とされる可能性のある依頼は断ることが一般的です。

信頼性の高い便利屋は、常に法とモラルに準じた依頼しか受けません。

法令・道徳的に背く仕事

便利屋は、明らかに法律や道徳に反する仕事を受けることはありません。例えば違法な廃棄物処理や不法侵入、詐欺行為の手助けなどがこれに該当します。また以下のような社会的に非難されるような行為もNGです。

  • 迷惑行為
  • ハラスメントにつながる依頼
  • いじめや嫌がらせに関する依頼

便利屋は依頼者のニーズに応えるために存在しますが、社会の秩序と倫理を尊重することが基本です。

資格・免許を必要とする仕事

便利屋が対応できない仕事の一つに、特定の資格や免許が必要な作業があります。例えば以下の依頼です。

  • 電気工事士の資格が必要な電気工事
  • 医療行為
  • 法律相談や税務相談などの専門的な職業

便利屋は専門的な作業については、依頼者に対して資格を持った専門家に相談するようにすすめることが一般的です。

責任が個人に負わされる仕事

便利屋は、個人に重大な責任が生じる可能性がある仕事も引き受けることができません。例えば以下の行為です。

  • 金融取引に関する代理
  • 重要な契約の代行
  • 他人の財産や資産に関わる行為

責任が重大であり、便利屋の範疇を超える作業は断わられるケースがほとんどです。また依頼者自身が負うべき責任やリスクを他者に転嫁するような依頼も適切ではありません。

便利屋は、依頼者の生活をサポートするためのサービスを提供しますが、法的・倫理的な範囲内での作業に限ります。

便利屋に相談するならお助けマスターへ

便利屋お助けマスター

何でも屋は、依頼者のさまざまなニーズに応えるために幅広い業務を行う代行業者です。しかし、法やモラルに反する依頼を受けることはなく、信頼性のあるサービスを提供することが基本です。安心して利用するためには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

お助けマスターは、暮らしに関わるサービスを安心して依頼できる便利屋です。電話やメール、オンラインで簡単に予約可能。

当社は生活に関わる幅広いサービスを提供し、「プロにまかせたい」というニーズに応えます。困ったらお気軽にお問い合わせください。プロのスタッフが迅速にお伺いし、問題を解決します。

okazaki さん

監修記事はこちら:

便利屋

その他記事