便利屋に不用品回収を依頼するのは違法ではない?便利屋の相場と注意点を解説!

「便利屋と不用品回収業者の違いは?」「便利屋に不用品回収を依頼するメリット・デメリットは?」などと気になっていませんか?

便利屋と不用品回収業者はサービス内容や料金体系に違いがあります。便利屋は多様なサービスを提供しますが、不用品回収業者は専門性が高いのが特徴です。

本記事では、便利屋と不用品回収業者の違い、便利屋に不用品回収を依頼する際のメリット・デメリット、料金相場などを詳しく解説します。

この記事でわかることは、便利屋と不用品回収業者における…

・サービスの違い
・依頼するメリット
・料金相場
・おすすめな人

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

便利屋に依頼できる仕事

便利屋は、日常生活のあらゆる困りごとに対応する万能サービスです。家具の組み立てや電球交換といった小さな作業から、引っ越しの手伝いや庭の手入れまで幅広い仕事を請け負います。

例えば、高所の窓拭きや重い荷物の運搬など、一般の人には難しい作業も便利屋なら安全に行えます。

便利屋のサービスは時間や手間を節約したい人、体力的に困難な作業がある人にとって非常に有用ですよ。

便利屋と不用品回収業者の違い

便利屋と不用品回収業者は以下の項目別で違いがあります。

  • 料金
  • サービス内容
  • 専門性
  • 一般廃棄物収集運搬の許可

ここでは、具体的な違いについて解説します。

料金

便利屋と不用品回収業者では料金体系が大きく異なります。便利屋は主に時間制の料金設定を採用しており、作業時間に応じて費用が発生します。

一方、不用品回収業者は回収する不用品の量や種類に基づいて料金を設定することが多いです。例えば、便利屋では2時間の作業で10,000円程度かかる場合でも、不用品回収業者なら同じ量の回収で5,000円程度で済みます。

サービス内容

便利屋は多岐にわたるサービスを提供する一方、不用品回収業者は特化したサービスを提供します。便利屋は不用品回収に加え、掃除や修理、引っ越しの手伝いなど、幅広い作業に対応可能です。

例えば、部屋の片付けと不用品の回収を同時に行うことができます。一方、不用品回収業者は回収と処分に特化しており、大量の不用品を効率的に処理することが可能です。

1トンを超えるような大量の不用品処分や産業廃棄物の処理が必要な場合は、専門の不用品回収業者の方が適していますよ。

専門性

不用品回収業者は回収と処分に関する専門知識と経験を持っています。廃棄物の分別や適切な処理方法、リサイクル可能な品目の判断など、環境に配慮した処理を行うことが可能です。

一方、便利屋は幅広い作業に対応できますが、不用品回収に関する専門性は比較的低い場合があります。家電リサイクル法対象品目の処理や産業廃棄物の取り扱いなど、専門知識が必要な場合は不用品回収業者の方が最適です。

一般廃棄物収集運搬の許可

一般廃棄物収集運搬の許可は、不用品回収業者にとって重要な資格です。許可を持つ業者は、法律に基づいて適切に廃棄物を処理できます。

一方、多くの便利屋はこの許可を持っていません。許可がない場合、家庭から出る一般廃棄物を収集・運搬することは法律違反となります。

そのため、依頼前に業者の許可の有無を確認し、適法な処理が可能かどうかを確認することが重要です。

不用品回収業者と同じレベルのサービスを提供する業者もいる

一部の便利屋は、不用品回収業者と同等のサービスを提供しています。業者によっては一般廃棄物収集運搬の許可を取得し、専門的な知識と経験を持つスタッフを雇用しています。

ただし、全ての便利屋がこのレベルのサービスを提供しているわけではありません。サービス内容や資格の有無を事前に確認し、自身のニーズに合った業者を選択することが重要です。

便利屋に不用品・粗大ゴミ回収を依頼するメリット

便利屋に不用品・粗大ゴミ回収を依頼するメリットをまとめると、以下の通りです。

  • 引っ越しと不用品処分・片付けを同時に依頼できる
  • ゴミの分別をする必要がない
  • 不用品回収以外にも依頼ができる

詳しく解説します。

引っ越しと不用品処分・片付けを同時に依頼できる

便利屋は引っ越しと不用品処分を一括で対応できる万能サービスです。引っ越し業者では対応できない不用品の回収や処分も、便利屋なら同時に行えます。

例えば、大型家具の解体や廃棄、不要な小物類の仕分けと処分など、引っ越しに伴う様々な作業を一度に依頼できます。結果、複数の業者に依頼する手間が省け、作業時間も大幅に短縮可能です。

ゴミの分別をする必要がない

便利屋に依頼すれば、面倒なゴミの分別作業から解放されます。専門知識を持つスタッフが適切に分別を行うため、依頼主は分別ルールを調べる手間が省けます。

例えば、家電リサイクル法対象品目や粗大ゴミの分別、資源ゴミと可燃ゴミの仕分けといった複雑な分別作業を全て任せることが可能です。

結果、時間と労力を大幅に節約でき、他の重要な作業に集中できますね。

不用品回収以外にも依頼ができる

便利屋は不用品回収以外にも多様なサービスを提供します。家事代行や修繕作業、庭の手入れなど、日常生活の様々な困りごとを一度に解決できます。

例えば、不用品回収と同時に家具の移動や組み立て、壁紙の張り替えなども依頼可能です。複数の業者を探す手間が省け、効率的に生活環境を整えられます。

便利屋に不用品・粗大ゴミ回収を依頼するデメリット

便利屋に不用品・粗大ゴミ回収を依頼する場合、以下のデメリットが生じます。

  • 長時間だと費用が高額になる
  • 専門性が必要な仕事は不向き
  • 廃棄処分に必要な資格を持っていない場合がある

詳しく解説します。

長時間だと費用が高額になる

便利屋の料金は主に時間制で計算されるため、作業時間が長引くと費用が高額になる可能性があります。一般的な料金相場は1時間あたり3,000円から5,000円程度です。

例えば、4時間の作業で2名のスタッフが必要な場合、最低でも24,000円から40,000円の費用がかかります。不用品の量が多い場合や、複雑な作業が必要な場合は、事前に詳細な見積もりを取ることが重要です。

専門性が必要な仕事は不向き

便利屋は幅広い作業に対応できますが、高度な専門知識や技術が必要な作業には不向きな場合があります。例えば、特殊な家電の修理や専門的な建築作業などは、専門業者に依頼する方が適切です。

便利屋の得意分野は、日常的な作業や簡単な修繕になります。

複雑な作業や専門的な判断が必要な場合は、事前に便利屋の対応可能範囲を確認し、必要に応じて専門業者と併用することが賢明ですね。

廃棄処分に必要な資格を持っていない場合がある

一部の便利屋は、一般廃棄物収集運搬業の許可を持っていない場合があります。許可がない場合、法律上、家庭から出る一般廃棄物を収集・運搬することができません。

許可のない便利屋に依頼すると、不適切な処理や不法投棄のリスクが生じる可能性があります。依頼前に必ず業者の許可証を確認し、適法な処理が可能かどうかを確認することが重要です。

便利屋の不用品回収・片付けの料金相場

便利屋に不用品回収や片付けを依頼した場合、料金は以下の項目別で変化します。

  • 時間と人数
  • 不用品の量と重量
  • 部屋の広さ
  • 処分する品目

ここでは、項目別でどれくらいの費用がかかるのか具体的に解説します。

時間と人数の相場

時間と人数の相場 便利屋の不用品回収・片付けの料金は、作業時間と人数によって決まります。

作業時間作業人数料金相場
1時間1人3,000円〜5,000円
2時間2人12,000円〜20,000円
3時間3人27,000円〜45,000円

長時間の作業になると費用が高額になるため、事前に作業内容を明確にし、見積もりを取ることが重要です。また、作業効率を上げるために、できる範囲で事前に片付けをしておくことをおすすめします。

不用品の量と重量

不用品の量と重量は、料金に大きく影響します。一般的な相場は以下の通りです。

トラックサイズ積載量料金相場
軽トラック約350kg15,000円〜30,000円
1.5tトラック約1,000kg30,000円〜45,000円
2tトラック約2,000kg45,000円〜80,000円

不用品の量によって載せるトラックのサイズも異なります。

トラックのサイズが大きくなればなるほど、料金が高くなるため注意が必要ですよ。

部屋の広さ

 部屋の広さによっても料金が変わります。一般的な相場は以下の通りです。

間取り料金相場
1K30,000円〜
1LDK55,000円〜
2LDK120,000円〜
3LDK200,000円〜
4LDK250,000円〜

部屋の広さに応じたパック料金を提供している業者もあるため、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することをおすすめします。

処分する品目

処分する品目によっても料金が変わり、特に家電リサイクル法対象品目の場合は追加料金がかかります。

一般的な相場は以下の通りです。

品目料金相場
テレビ2,500円〜6,000円
冷蔵庫3,000円〜7,600円
洗濯機3,000円〜9,000円
エアコン4,000円〜8,000円
ソファ(2人掛け)4,000円〜5,000円
ベッド(シングル)5,000円〜8,000円

小型家電や衣類などの軽量品は、比較的安価に処分できます。品目ごとの料金設定を確認し、全体の処分費用を見積もることが大切です。

便利屋と不用品回収業者どっちがおすすめ?

料金相場や違いをみて、便利屋と不用品回収業者どちらがおすすめか迷われている方も多いのではないでしょうか。ここでは、どちらがおすすめなのか具体的に解説します。

便利屋への依頼がおすすめな人

便利屋への依頼は、不用品回収以外の作業も同時に行いたい人におすすめです。例えば、引っ越しの際に不用品回収と同時に荷物の運び出しや清掃も依頼できます。

また、少量の不用品処分や日常的な困りごとの解決に最適です。1〜2点程度の家具や家電の処分なら、便利屋の方が柔軟に対応してくれる場合があります。

便利屋は時間制の料金体系が多いため、作業内容を明確にし、効率的に進められる場合に費用対効果が高くなりますよ。

不用品回収業者への依頼がおすすめな人

不用品回収業者への依頼は、大量の不用品を一度に処分したい人におすすめです。例えば、引っ越しや遺品整理で部屋全体の片付けが必要な場合、専門業者の方が効率的に作業を進められます。

また、家電リサイクル法対象品目など、特殊な処理が必要な品目が多い場合も不用品回収業者が適しています。大量処分の場合は、トラック積み放題プランなどでコストを抑えられる可能性が高いです。

不用品回収に強い便利屋はお助けマスター

便利屋と不用品回収業者はサービス内容や料金体系に違いがあります。便利屋は多様なサービスを提供しますが、不用品回収業者は専門性が高いのが特徴です。

便利屋を選ぶ際には、実績があり信頼性のある業者を選ぶことが重要です。選択する際には、評価が高く柔軟性のある業者を選びましょう。

不用品回収に強い便利屋を探している場合は、全国チェーン店の便利屋お助けマスターにご相談ください。年中無休・全国対応でベテランスタッフが対応いたします。

お気軽にお問い合わせください。

sakai さん

監修記事はこちら:

便利屋

その他記事